• ホーム
  • 緑内障の薬「ルミガン」にはジェネリックの「ケアプロスト」があります

緑内障の薬「ルミガン」にはジェネリックの「ケアプロスト」があります

2020年03月30日
美しい女性

ルミガンとケアプロストは緑内障の治療薬として使われており、眼圧を下げるための薬ですがまつ毛育毛剤としても用いられます。ルミガンは先発医薬品で、ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品であるため、30%ほど安く購入することができます。同じ有効成分で副作用も同じため、効果はほぼ変わらず買いやすさや値段で決めることになります。中身はほぼ同じため効果や副作用が大きく変わることはありませんが、先発医薬品とジェネリック医薬品には添加物や製造工程に違いがあります。したがって同じ有効成分でも副作用が出る時期が違ったり、効果のあらわれかたの早さに若干違いがあるくらいです。

パッケージもほぼ同じなので大きな違いはなく、安く帰るケアプロストも人気があります。また使用時の肌の状態や、まつ毛の状態によりまつ毛の伸び方や増え方に違いがあるとも言えます。どちらにも含有している有効成分のビマトプロストが、まつ毛を長く濃くしっかりとさせる作用を持っています。したがって価格や買い求めやすさなどに合わせて製品を選べば、どちらを使用しても大きな違いがありません。人気があるのは一番安く購入でき、効果や知名度も高いとされるケアプロストで、まつ毛を伸ばすには2?3ヶ月使用を継続します。

ルミガンは緑内障を治療する目薬として開発されましたが、まつ毛が伸びる副作用にも注目され始めました。しかし眼圧を下げる薬を健康な目の周りにつけるということで、副作用の心配などもされています。通販などでも購入できますが、副作用の関係もあり全ては自己責任で使うことになるので注意が必要です。ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品になり、30%ほど安く購入できることがメリットになります。ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間が切れた時に、他の会社がその成分を使って薬を作ることができます。

効能や用法なども大きな違いがありませんが、パッケージがより使いやすくなったり、形状が変わったりなどの改善も見られます。成分などの開発費やすでに薬品自体の知名度があるので、広告費などもほぼかからないため値段が安くなっています。値段が安いので継続してまつ毛のケアをすることができるのも、ケアプロストが人気の秘密です。どちらも効果が高く一般のまつ毛美容器と比較しても、リーズナブルなので両方試してみる人も多くなります。まつ毛育毛剤は継続して使うことが大切なので、ジェネリック医薬品で安く購入できた方がお得です。