• ホーム
  • 意外に知らない人が多い「まつ毛美容液」と「まつげ育毛剤」の違い

意外に知らない人が多い「まつ毛美容液」と「まつげ育毛剤」の違い

2020年05月03日

まつ毛美容液やまつげ育毛剤は、目元を重視する女性にとって必須アイテムですが、それぞれ特徴が違います。まつげ育毛剤は育毛剤で、まつ毛を長く濃く育てる効果があり、毛周期を促進させることもあります。短くてコンプレックスだったまつ毛を伸ばしたり、細くて軟弱なまつ毛を太くコシのあるものにし、栄養を与えてくれるのがポイントです。まつ毛美容液はこれから生えてくるまつ毛には効果はなく、すでに生えているまつ毛に対して保護する効果があります。艶を失い元気がなくなったまつ毛に対して、ハリをもたせたり、コシのある毛に導いてくれます。

まつげ育毛剤は医療現場でも使われている医薬品であり、効果も即効性があり目に見えてわかるほどです。それに対し美容液は化粧品になるので、効果も穏やかで継続して使うことができる違いがあります。含まれる成分も全く違いますし、まつげ育毛剤は育毛効果があるためまつ毛美容液に比べると値段も高くなっています。しかしアイメイクやマツエクなどを繰り返していて、まつ毛がなくなっている人にはまつげ育毛剤の方が向きます。アイメイクをする中でもとのまつ毛を健康にしておくことが、アイメイクを引き立たせるポイントです。

まつ毛が濃く長く太い状態であれば、マスカラをなんども重ね塗りしたり、ビューラーで強く挟む必要も無くなります。どちらも似たようなイメージなので同じ効果がありそうですが、実はまつ毛美容液やまつげ育毛剤には大きな違いがあります。まず医薬品と化粧品として大きな違いがありますし、医薬品は効果効能があると認められているため、必ずまつ毛に何らかの前向きな効果が出ます。化粧品の場合は効果効能は認められていませんし、効果の感じ方も人それぞれ違います。また医薬品であれば国が認可しているものなので、決められた方法で使い続ければ効果を感じることができます。

まつ毛が抜けたり切れてしまって、すぐに生やしたいというときはまつげ育毛剤を選択する方が良いです。しかし医薬品なので、効果があるぶん副作用は必ずあることを知っておく必要があります。まつげ育毛剤にはいくつかの副作用が報告されており、色素沈着などがありシミの原因になっています。まつ毛美容液は成分の面でも優しく穏やかなものが多く使われているので、副作用が出る場合も肌が痒くなったりする程度です。このようにそれぞれ大きな違いがありますが、それぞれのメリットを知って自分にあったものを選択します。