• ホーム
  • 「ルミガン」とジェネリック「ケアプロスト」使い方や効果は一緒?

「ルミガン」とジェネリック「ケアプロスト」使い方や効果は一緒?

2020年04月02日
きれいな目元

ルミガンとケアプロストはまつ毛育毛剤として使われていますが、使い方も全く同じで大きな違いがありません。ルミガンとケアプロストは、夜洗顔を行いアイメイクまできれいに落としてから使用を開始します。普段のお手入れで化粧水や乳液・美容液まで全てをつけてから、最後にルミガンやケアプロストをまつ毛の根元につけます。アプリケーターへ1滴つけますが、直接液を垂らしてつけるよりは、清潔なラップや小皿などに1滴落としてからアプリケーターへとると無駄がありません。アイライナーのインラインを描くように、上まつ毛の根元に下からつけていきます。

専用のアプリケーターがありますが、ネイルアート用の筆や綿棒・リップブラシなどでも代用が可能です。しかし清潔なものを使うことが大切なので、できるだけコストが安く使い捨てができるものが望ましいです。地球に優しくするため使い捨てに抵抗がある人は、1度使ったらきれいに洗い完全に乾かしてから使用します。まつ毛育毛剤は目の中に入らないようにつけることが大切ですが、ポイントは下まつ毛にはつけないことです。上まつ毛だけにつけ瞬きをすれば、必然的にしたまつ毛にも付着しますので、トラブル回避のためにも上まつ毛のみにつけます。

もともと緑内障の点眼薬として眼圧を下げるために用いられるものなので、できるだけ健康な瞳へ付着させないようにします。まつ毛の毛根へ染みさせるように、まつ毛のキワに塗っていくのがポイントですが、目の中に入れないように注意が必要です。1度で一気に塗ろうとすれば余計なところに付着するため、目に入ったり、色素沈着の原因になります。少しずつアプリケーターへとり、塗っていくほうがきれいにつけることができます。稀につけすぎると目尻や目頭に溜まることがあるので、色素沈着をする前にティッシュやコットンで抑えます。

しかし、まつ毛の付け根の部分はできるだけ触れないようにし、自然乾燥をさせることがポイントです。アプリケーターは様々な代用品もありますが、歯間ブラシを始め綿棒をカットしたものもあります。これは好みで自分が使いやすいものを使用しますが、これらのツールがなくてはルミガンやケアプロストを塗布することは難しいです。初めのうちは専用のものを使い、慣れてきたら代用品などをオリジナルで作ることもできます。使い方も1滴で両目に足りる量なので、直接アプリケーターへ落とすのではなく、清潔なお皿やラップなどを敷いて1滴落とした後に使うほうが便利につけられます。