まつげがきれいな女性

ヘアプロストはまつ毛の成長を促進し、濃くて長くする効果がありまつ毛の育毛剤とも呼ばれています。有効成分であるビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬で眼圧を下げる目薬として使われていました。しかし緑内障の症状は目の中の水分が過多になり、眼圧が高くなる傾向があるためそれを下げる効果があります。これをコントロールする目的で開発された成分は、ビマトプロストですがまつ毛への育毛作用があることもわかりました。緑内障の人が使用していたところ、多くの人のまつ毛が伸びることに気がついたからです。

もともとはルミガンと言われる先発医薬品がありますが、その後にジェネリック医薬品として誕生したのがケアプロストになります。ケアプロストはルミガンよりも安く通販で購入することが可能です。まつ毛のボリュームアップのためにケアプロストを通販されることをおすすめします。まつ毛への効果は1ヶ月間継続使用することで、だんだんと濃くなりさらに2・3ヶ月続けるとさらに長くなります。ケアプロストは医薬品として扱われていますが、ビマトプロストという有効成分はまつ毛の毛根にある毛包へ働きかけます。まつ毛の毛周期へ働きかけることで、まつ毛に対して効果を発揮し毛の成長サイクルを促進します。成長期や退行期・休止期というヘアサイクルがありますが、これを活性化しまつ毛の発育を活発にしていくことが特徴です。

このことからまつ毛がより長く太く成長していきますが、ハリやコシなども出て濃くなるので全体的なボリュームアップも期待することができます。また効果のあらわれ方には個人差もありますが、継続して毎日つけることで1ヶ月後には何らかの変化を感じるようになります。さらに4ヶ月使用することで、育毛剤効果が最大限に発揮されるのでまつ毛にも自信が出てきます。それ以降も継続しますが2日に1回の間隔で使用し、ボリュームを維持していくことが大切です。しかしケアプロストの使用をやめてしまえば、数ヶ月後に元の毛量に戻ってしまうので注意します。

理想の毛量やボリューム・長さをキープするには、使用を継続していくことが基本です。万が一ケアプロストが目に入ってしまった場合、稀に痛みや充血・かゆみなどの症状があらわれることがあります。またつけすぎて目の周りの他の部分へ薬剤が付着してしまった場合は、すぐに拭き取る必要があります。拭き取りを怠るとその部分だけ色素沈着を起こす可能性があり、黒ずみができてしまいます。まつ毛へ塗布する場合は専用のアプリケーターなどを使うと、余計な部分に付着することなく安心することができます。